【バッグインバッグ】コクヨのバッグインバッグ買ってみたらかばんの中がスッキリした

かばんの中が魔境になるのを解決してくれる

皆さんはかばんの中にあるものがわからなくなることありませんか?

僕はしょっちゅうありました。(過去形なの重要)

まず、自分は小学校の頃から「次の日の用意をする」ってやつができない人間でした。

当たり前のように朝になってから「今日は雑巾がいる」とか、「今日は書道セットを持っていかなきゃいけない」とか言って親を困らせていましたね。

三つ子の魂百までといいますが中学、高校、大学でもそれが続きました。

でも忘れ物をするのは困る。

そういう人間がたどり着くのがかばんの中にすべてを入れる戦法です。必要なものがかばんの中に入っていれば問題ないだろうと言うことですね。

この戦法は最強なのですが、大体が机上の空論に陥ります。

まず、かばんが重くなる。なのでいらなさそうなものを取り出して投げておく。あら不思議、ものを失くしてしまいました。

かばんの中がごちゃごちゃする。あら不思議、かばんの中に入っているはずなのに物が失くなりました。

違うかばんに荷物を入れ替えます。かばんの中から取り出すだけのはずなのにあら不思議、ものが失くなります。

何が間違っているかって人間常にすべての必要な荷物を持つことなんてできないんですよね。

せめて財布とかスマホとか定期とか、そういう大事なものぐらいは失くさずにすぐ取り出せるようになりたいと考えていました。

そこで見つけたのがバッグインバッグでした。

スポンサーリンク
レクタングル大

バッグインバッグとは

バッグインバッグは文字通りかばんの中に入れるかばんです。

もともとはかばんの中に収納が少ない人が収納を増やすために使うものらしいのです。

「かばんの中が狭くなるのでは?」というのは最もですが、デザインの問題やパソコンを入れるためのかばんなので換えが効かない場合もあるでしょう。

そして、僕は「バッグインバッグに大事なものを入れておく」というルールを作りました。

かばんの中身のモジュール化

バッグインバッグには入れるものと入れる場所を決めておきます。入れるものは大事なもの、つまり財布、スマホ、定期、メモ帳 etc…ですね。選定基準はいつも持ち歩くことです。

そうすればあとはかんたん。

大事な資料はバッグインバッグに突っ込んでおく。

かばんを変えるときはバッグインバッグを入れ替える。

こうするだけでかばんの中で迷子になることが失くなりました。まず収納が増えるので整理しやすくなります。

そして、雑多なものはバッグインバッグの外側にこぼれているのでそれはそれで探しやすいのです。

しかもよく取り出すものはどうせ バッグインバッグに入っているという安心感もある。

コクヨのバッグインバッグ

早速アマゾンで物色してコクヨのバッグインバッグを買いました。

このバッグ、使いたい機能が必要十分にかつコンパクトに纏まっているんです。

まずは資料入れ。一番大きいポケットがA4サイズの紙が入れられるようになっており大体の資料がここに入れられる。

そしてペン差しが3つ。自分は普段パソコンを持っていて、ノートはIpadでとっているので筆箱はあまり持ちたくありません。

Ipadでペーパーレス!CamScannerがあるとプリント管理が楽になる[手書きノート]

しかし必要なときはあるので数本だけ欲しい。たまたまですが自分のニーズにぴったりでした。

他のポケットもサイズ、個数ともに豊富でだいたい必要なものはここに突っ込めるデザインになっています。

色は何種類かあるのですが自分はかばんの中で目立つ明るい色にしようとライトブルーにしました。(人気があるのかこのライトブルーが一番高かった)

結果

精神的に楽になりました。

いままで駅の改札前で定期を探すみたいなことに時間をかけていましたが、バッグインバッグにしまっているので迷いません。

人間にはこの迷う時間で多大なメンタルを消費するようなのです。

迷うことに使うメンタルを節約する。これこそがライフハックと言うんだなあとしみじみと実感しました。

皆さんも是非使ってみてください。

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大