20記事書いて分かった、ブログのペルソナ設定とそのメリット

皆様、ありがとうございます

 

どうも、ななめです。この記事で20記事目になります。ここまでくると少しずつブログを書くことになれてきた感じがします。今回はブログのペルソナ設定について書いていこうと思います。

 

まず、ペルソナとはなんぞや

 

ペルソナといえば僕が一番に思いつくのは某ゲームなのですが今回はブログについての話なので違いますね。

 

もともとペルソナには仮面という意味があります。自分に掛ける仮面のことで、転じて性格のことを指します。ブログを見る人に対してどんな性格を想定するのか、といった具合になるのでしょうか。もうちょいわかりやすくするならターゲットですね。ブロガー界隈ではペルソナと呼びますが、すこしかっこつけすぎな気もします。

 

僕はどんなペルソナを設定したのか

 

僕が設定したのは「理系大学生で行動経済学や心理に興味を持っている人」です。これは誰のことかというと自分自身です。

 

僕は、「きっと僕のブログを見に来る人って、僕とおんなじような人なんじゃないかな」と思ったわけです。

 

もともと僕は雑記ブログという形をとっていますし、書いている記事は自分の興味のあることや勉強したことだけです。そうすると、やっぱり似通った人が僕のところに来てくれるのかなって感じたわけです。今回ブログのことを書いているのも、少しはブログに興味のある人が来てくれるかなと思ったからです。

 

ペルソナ設定をすることの(受け売りの)メリット

 

ペルソナ設定をすることで内部回遊率が上昇しPVが伸びるよ!なんてのは良く聞きます。検索でたまたま来てくれた読者の方は、きっと似たようなほかのことにも興味を持ってくれるのではないかなという考えですね。

 

20記事程度ではまったくわかりません。そもそもPVが足りていないので増えたのか減ったのかも微妙なところのままです。更新を続けてから少しづつPVが伸びていますが、ペルソナを意識して書いている記事なんかまだ数本です。それのおかげで伸びているというのはまだ時期尚早です。

 

実感しているメリット

 

これは何といっても記事が書きやすいことです。雑記なんで自分が書きたいことを書けばいいわけですが、意味のないものをかいてもしょうがないです。そこでペルソナを設定していれば、話をする相手を想像できます。仲のいい人との会話が途切れないのと同じように、書く内容が途切れなくなってきます。

 

しかも記事の内容も、自分が興味を持った時点ですでに読者が興味を持つものということになります。タイトルを適切に決めれば誰かは見に来てくれると思えるわけです。

 

今までそんなに文字をたくさん書いてきたわけではない僕がこうやって曲がりなりにも平均一日一ページの更新ができているのはそこが一番大きいかなと感じているところです。

 

今後の課題

 

ただ、まだまだ勉強中の身であるため、慢心はいけないです。

 

今後の課題はいぜんとしてコンテンツを増やしていくことに尽きます。最近は少しづつブログでの成功体験が増えてきたので、しばらくは飽きずにブログを続けられそうです。逆に何か問題があったときにメンタルがやられそうなので、いかに自信をつけていくかも大きな課題になるかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大